看護師の転職がおすすめな4つの理由

キャリアアップ

看護師は転職・離職率が高い

こんにちは!ショウです!

今の職場環境に満足できない、あるいは満足はしているけど転職をしてみたいと考えている方の中で、いつ転職活動に一歩踏み出そうかずっと悩んでいる方いませんか?

 

悩む理由として

  • いざ転職したら、今よりも悪い待遇や環境の職場だったらどうしよう
  • 転職先を調べるのも面倒
  • 周囲は同じ職場で働き続ける方がいい、転職はリスクだと言ってくる

各々で原因はいろいろありそうですが、概ねこれらが大きな理由だと思います。

 

僕自身転職を経験しましたが、「今よりも悪い待遇や環境の職場だったらどうしよう」とすごく考えました。

そのくらい職場を変えるって勇気の必要なことなんです。

しかし、僕自身転職後に後悔することなく満足した生活が送れています

「転職してよかったか」のアンケートでは、転職経験がない看護師が大半を占めましたが、そんな中でも前職場よりもよくなったと回答している割合は40%にも及びました。(後述)

 

この記事では僕の転職してみた感想も踏まえて、なぜ看護師には転職がオススメなのか理由を4つ解説していきます。

この記事を読めば、転職に向けて一歩踏み出せずずっと悩んでいる方の後押しとなるでしょう。

看護師の転職・離職理由

【ネガティブな内容だけではない】

日本看護協会「2020年病院看護実態調査」によると看護師の正規雇用者の離職率は11.5%(年間約16万人)となり、前年度と比較し0.8%上昇しています。この統計は離職者だけでなく、転職者の割合も含まれています。

転職や離職の理由としては

  • 人間関係のトラブル
  • ライフイベントによるもの(結婚、出産、育児、介護が必要 etc)
  • スキルアップ
  • 収入アップ

このような内容が挙げられます。

中でも結婚や出産などライフイベントによるものが多いです。

もちろん人間関係でのトラブルなどネガティブな内容もありますが、職場に女性が多いため、女性ならではの理由、つまりポジティブな転職や退職も多く存在することがわかりますね。

また、キャリアアップや収入アップなど志高く転職を希望される方も多いようです。

看護師の転職がおすすめな理由

ここからは悩んでいる方に転職をオススメできるようにまとめた内容になっています。

ちなみに、収入が低かったり、多忙な状況であっても「今の労働条件に満足しているよ」って方は無理に転職を検討する必要はありません!

自身に合った環境であるなら、変に転職するより今の環境に居続ける方が生活の幸福度は高く維持できます。

 

1.視野が広くなる

1つの病院だけで働き続けると「ここの病院のやり方がすべて」と思い込んでしまうことがあります。

僕自身、転職した当初はカルチャーショックを受けました。

ショウ
ショウ

業務内容から使っている物品まで違うことが多すぎて新鮮だった!

以前勤めていた職場との相違点を見つけ、良いところは次の職場にも活用していけないか、など柔軟性が養われると思います。

 

看護師特有なのか、「昔からこうだったから」などといった理由で、「これしなくてもよくない?」といった業務が引き継がれているといった古い習慣がよくありませんか?(笑)

前職場と比較できるように視野広くなっているので、その経験を踏まえて皆が働きやすい環境作りにも参加でき、頼りにされることも少なくないと思います。

 

また同じ職場に居続けることで居心地はいいかもしれませんが、今よりも好条件の職場自分のしたいことを実現できる職場を見つけるチャンスをたくさん逃している可能性もあります。

「転職してよかったか」といったアンケートでは、転職経験がない看護師が41%と大半ですが、結果として前職場よりもよくなったと回答している割合は40%(242票)にも及びます。

 

この結果からも転職を通して、さらに良い看護師生活が送れている方が増えているということがわかりますね。

2.新たな知識や経験が得られる

転職先の配属先が前職場と同じ科であっても、行っている治療内容や設備が違うことがあります。

新たな環境で新たな刺激を受けることで、知識や経験の偏りを少なくすることが可能です。

参考書で学んだ知識だけでは不十分なところを経験で補うことができるので、看護師としてのスキルアップに大きく繋がります。

将来ジェネラリストとして活躍したいというビジョンがある方などは大きなメリットになるでしょう。

 

施設によっては他病院からスキルアップ目的で転職してくる看護師に対しても手厚く優遇してくれるところは多いです。やる気を買ってもらえることが多く、部署での評価も高まることが期待できます。

3.収入アップが見込める

せっかく転職するのであればもちろん収入がアップする方がいいですよね。

看護師が働いている病院で短期間で収入を上げるとなると、残業を多くする、または夜勤の回数を増やすなど方法が限られる場合が多いです。

 

また残業や夜勤を多くすることで収入は上がるかもしれませんが、身体的苦痛が大きく、自身の健康を考えると長期間そのような形で収入アップを目指すことはオススメできません。

ショウ
ショウ

看護師はかなり体力を使う仕事だと身をもって感じますね・・・

 

根本的に基本給のいい職場福利厚生や手当の充実した職場を探すことを検討することが重要となります。

今の職場が、人間関係がよく働きやすい環境だとなかなか現状を切り捨てて、新たな環境に進むのは勇気が必要ですよね。

転職へ気が進まない理由
  • 1からの人間関係構築
  • 業務や設備、物品を覚えないといけない
  • カルテが不慣れで仕事ができるか不安
  • 新しい配属部署に関する勉強
  • 何より気を遣う

こうした理由は多いですよね。

もちろん今の職場が好きな方は、冒頭でも説明したように今の職場に居続ける方がいいと思います。

収入アップ目当てで無理やり転職してしまうよりは幸福度は高いでしょう。

4.終身雇用制度が維持されやすい

ソース画像を表示

また2019年にTOYOTAの会長が「終身雇用制度」を維持していくことは難しいと会見されたのをご存じでしょうか。

終身雇用とは“倒産などしない限り、定年まで雇用することであり、簡単に解雇されない雇用” のことです。

日本の企業などはこの雇用形態が一般的ですが、看護師はこの制度が維持される可能性が高いと考えています。

 

帝国データバンクの調査では2019年の医療機関倒産件数は45件(うち病院8件、診療所22件)という結果になっています。

病院は全国に8300件、診療所は10万2616施設あり、それぞれの倒産率は約0.04%約0.13%となります。

現在新型コロナウイルスの影響で医療機関も経営難が続いている状況ではありますが、よほどではない限り働く病院がなくなる心配はないと考えられます。

 

また2025年には団塊の世代と呼ばれる方たちが75歳以上の後期高齢者となり、65歳以上の高齢者の割合が日本人口の30%を占めるようになってきます。(俗にいう、2025年問題ですね)

ショウ
ショウ

遠い未来の話ではなくなってきましたね

看護師は肉体労働がつきものです。

若い頃は急性期の病院でバリバリ働けて、モチベーションが高くても、10年後、20年後に同じようなパフォーマンスで仕事ができるかは別問題となるわけです・・・。

 

キャリアアップなどの目的で転職も素晴らしいことですが、人間体が資本です今の環境が自身の身体的、精神的によくない環境であれば転職を検討することをおすすめします。

そのため現在転職の予定がなくても、早い段階から転職を視野に入れ、情報収集をしておくだけで、好条件の求人が来た時にすぐに身を移せるように準備しておくことが大切かと思います。

まとめ

転職して今の職場よりも良い条件で働けている看護師は多く存在しており、転職をしてみて満足している看護師の割合が多いことがわかりました。

人は死ぬ瞬間に後悔することとして「したことによる後悔よりしなかったことの後悔」がとても多いそうです。(死ぬ瞬間の5つの後悔より)

 

話の規模が大きいですが、中堅の看護師でも同じようなことを話す方も実際にいます。

姉さん看護師
姉さん看護師

若いうちに違う病院に働きに行って経験を積んでみるのもよかったな・・・

 

今の職場環境に満足している方には当てはまらないこともありますが、

  • 今の職場や業務に不満を感じている方
  • 今後大した昇給が期待できない
  • 人間関係を改善したい

このような悩みのある方は一度転職を視野に入れてみるのもアリだと思います。

 

ここで注意点ですが、転職はオススメしています。しかし、転職すればすべて解決するわけではありません。

転職はあくまでも手段であり、その後の職場での関係を築いたりキャリアアップに努めるのは、ほかでもなく皆さん自身です。

いい職場に転職したからと言って、仕事を適当に済ませたりしていては、周囲からはいい目では見られないですよね。

転職は自分の人生を変える大きなきっかけになることは事実です。しかし、それをよい方に進むか、悪い方に進んでしまうかを決定するのは自分次第と意識しておくことが大切です。

 

転職は勇気のいる行動です。しかしその一歩を踏み出せる皆さんなら、きっと転職後もより豊かな看護師生活を送ることができると思います。

転職に関してさらに興味のある方は以下の記事にまとめてあります。是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました