看護師のおすすめ転職サイト・転職エージェント選び方

キャリアアップ

こんにちは!ショウです!

転職活動をする際は専門の転職サイトや転職エージェントの利用を検討されている方が多いですが、そもそも転職サイトや転職エージェントの違いや、どちらを選択すべきかに悩んでいませんか?

実は転職サイトと転職エージェントの違いや選択方法を理解するだけで、後悔しない理想の転職活動を行うことができるようになります。

 

なぜならそれぞれには決定的な違いがあり、人によってどちらのサービスを利用する方がよい転職活動ができるようになるかが明確なためです。

実際に僕は、転職サイトと転職エージェント両方の登録を行いましたが、最終的には転職エージェントを利用して転職しています。

転職初心者で右も左もわからない状態でしたが、転職に満足できているのは転職エージェントとうまく付き合えたからだと実感しています。

  

この記事では、僕の経験を生かして転職サイトや転職エージェントの違いや、皆さんにとってどちらを利用するべきかを説明しています。実際に転職エージェントから聞いた内容も書いてあるため、満足のいく内容になっています。

この記事を読んで頂くことで、これから転職サイトや転職エージェントの利用を検討している方にとって理想の転職活動のスタートを切ることができます。

 

以下の記事に、そのほかの転職についてまとめた記事があります。興味のある方は是非読んでみてください。

 

転職サイト・転職エージェントとは

実は、知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。

まずは違いを知っておくことで、自分に合った転職サポーターを考えることができます。

そして、それぞれ特有のメリット・デメリットをよく理解してうまく付き合っていけるようにしましょう。

 

転職サイト

転職サイトでは、ウェブサイトに掲載された様々な求人を検索したり、閲覧することが可能です。

掲載されている情報や募集要綱などを比較しながら、自分のペースで転職活動が進めていくことが可能です。

「好条件の病院があれば転職しよう」と考えている人や、「情報収集だけしたい」と考えている人にオススメです。

ショウ
ショウ

誰かに急かされることもないですし、じっくり選択できて人気です

 

転職サイトは会員登録は必要ですが、無料で満足した内容のサービスを利用できます。繫雑な手続きなどが不要です。

登録することで非公開求人などにアクセスすることも可能となります。

ショウ
ショウ

魅力的な求人すべてを公開しているのは募集が殺到することや情報漏洩を予防するためだね

 

また転職サイトは、転職エージェントのように仲介調整する人がいないので、直接転職希望先の病院の採用担当者の方と連絡をとることが可能です。

ダイレクトに連絡が取れるので、その場で質問できるなど転職サイトの最大のメリットでしょう。

転職エージェント

転職サイトとは異なり、転職エージェントは対人型サービスです。

担当者に相談し、求職者の経歴や希望を伝えることで求人を紹介してくれます。

転職活動で抱える悩みを解決し、希望に沿った最適の転職先へと導いてくれる人材紹介サービスの1つです。

 

業界に詳しい転職のプロたちが、的確かつ丁寧なサポートを提供してくれるため、求職者はスムーズに転職活動を行うことが可能です。こちらも無料で利用が可能です。

 

また対人型サービスのため、応募書類の添削や面接対策も行ってもらえます

転職活動初心者にはとても強力な助っ人です。

転職サイトのメリット・デメリット

メリット

・会員登録を行えば、豊富な求人から転職先を探せる

手間が少なく、会員登録だけで多くの求人サイトにアクセスすることが可能です。

転職の予定がなくても登録することができ、転職情報を日ごろから収集しておくことで、好条件の求人と出会う確率を高めることが可能です。

時間に縛られることなく、自分の好きなタイミングでの転職活動が可能となるため自由度の高い転職活動が可能になるでしょう。

 

・転職希望先の病院の採用担当者と直接連絡が取りやすい

掲載されている求人から自らアクセスするため、採用担当者へ直接連絡することとなります。

書類選考や面接の前段階から、採用担当者に認識してもらえたり、その段階で自分の転職意欲を知ってもらうことができて、アピールにも繋がります。

 

デメリット

・採用側(病院)の内部事情を収集しにくい

業界に詳しい転職エージェントと比較し、個人での転職活動となるため収集できる情報に限界があります。またサイトに掲載されている情報しか手に入らないため、情報に偏りが生じてしまいます。

とはいえ、ある程度の必要な情報は転職サイトでも十分収集可能なので、深く心配する必要はないです。

 

・履歴書添削や面接練習がない

こちらも個人での転職活動となるため、転職サイトから協力は得られないことが多いです。

転職する方の多くは、就活以来の面接や履歴書作成となるため、不慣れな方が多いと思います。

 

今では動画サイトやネット記事でも面接対策方法や履歴書の記載方法など、個人でも対策することが可能な時代なので、こちらも深く心配する必要はないと感じます。

悩める看護師
悩める看護師

でも誰かに履歴書を読んでもらいたい・・・

それでもこういった悩みがある場合は、転職に詳しい友人や知人に相談することをオススメしますが、いない場合は転職エージェントの利用をオススメします。

 

・情報量が多く、本当に自分にあった求人を見つけることが難しい

転職サイトには多くの広告が掲載されています。

転職すると決めた時に、次の職場に求める条件をある程度考えていると思いますが、掲載されている多くの魅力的な求人に心奪われ、本来求めていた転職条件を見失う可能性もあります。

  

人間選択肢が多いと、かえって何かを決定することができなくなる生き物です。

転職期間に余裕がある場合は大丈夫ですが、早急に転職先を決定したい場合や、本当に自分に合った転職先を見つけたい時は、転職エージェントの利用をオススメします。

 

転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

・転職先の情報を詳しく入手することが可能

転職サイトとは違い、業界に詳しい担当者が転職サポートをしてくれるため、Webだけでは手に入らない有力な情報を収集することが可能です。

細やかな情報を持って、転職先を吟味することができますし、転職後のギャップを減らすことができます。

 

・履歴書添削や面接練習依頼ができる

転職エージェントは、対人型サービスのため希望をすれば、担当者が履歴書添削や面接練習を担ってくれます。

履歴書の作成や、面接を頻回に行っている一般の方は少ないと思います。

自分で対策するのに自身がない方には嬉しいサービスですよね。

 

・優良な病院が多い

転職エージェントは、人材を紹介することで採用者側(病院)から報酬を受け取るシステムとなっています。

つまり、エージェント側も紹介できなければ仕事にならないわけです。

  • 転職希望者に満足してもらう
  • 採用者側(病院)にも優秀な人材を紹介して満足してもらう

これを転職エージェントは満たす必要があるわけです。そのためには、転職者のことを第一に考えサポートし、よい人材を送り出すことが転職エージェントには求められます。

そのため、必然的に転職希望者の理想の転職先が見つかってくるわけです。

 

また、採用者側(病院)は転職エージェントを利用するためには人件費を支払う必要があります。

この人件費を支払ってでも、優秀な人材を求めている=優良でお金のある病院、といった関係がみえてきます。

 

こうした理由から、転職エージェントには優良な転職先が多いのです。

 

デメリット

・自分のペースで転職活動ができない

転職サイトと反対で、転職を積極的に促してくる場合があります。

これは先ほど述べたように、転職エージェントには採用者側へ人材を紹介することで報酬がいく仕組みとなっています。

転職エージェント担当者の中には、自身のノルマや報酬のために、転職者の意向をあまり考慮せずに提案を持ちかけてくる人間も一部いるのは事実です。

またそういった人の多くは、逐一連絡を入れてきて転職の催促をしてくることがあるため、自身のペースで転職活動が行えない可能性が考えられます。

 

これは設立したての新興会社などに多いため、優良な転職エージェントを選択すればかなりの確率で避けることが可能です。

 

・担当者によってサービスの満足度が変わる

サービスの満足度は担当者で大きく変わります。

想像してみてください。

  • 入社間もない新人担当者
  • キャリア10年目のベテラン担当者

仮にこの2名に同じ熱量でサポートしてもらったとしても、やはり経験に勝るのもはない場合があります。

また、反対にいくらスキルがあっても性格的に相性の合わない担当者の場合(高圧的態度、信頼感が持てない etc)も満足度を十分に感じれないこともあるでしょう。

自分に合った担当者でない場合、反対に転職活動の効率を落としかねません。

 

必ずしもよい担当者がつく保証はありませんが、担当者の変更は可能です。

変更の依頼方法はメールで可能です。変更してほしい旨を伝え、その際には率直な理由も述べましょう。

それによって不利益を被ることはないため安心してください。

 

・担当者との調整が手間になることがある

転職エージェントを利用すると、希望転職先の条件や面接日などを調整したりと、日程調整や随時来る連絡への対応が必要となります。

自分のペースで行える転職サイトとは違い、一人で行う転職活動ではないので必要な工程ではありますが、これらを手間だと感じる人もいるかと思います。

 

看護師はシフト制で勤務体制も不規則な場合が多いので、担当者に事前に連絡が可能な日時を伝えておくと、連絡の行き違いなどのトラブルが予防できて、連絡の煩わしさも軽快するでしょう。

 

厳選された求人なら、転職エージェント

結論を言うと、転職を行うならば転職エージェントがオススメです!

  • 転職希望者は、無料で転職のサポートを受けることができる
  • 採用者側(病院)は、優秀な人材の確保が可能
  • 転職エージェント側は、優秀な人材紹介ができれば採用者側(病院)から成功報酬がもらえる

 

転職エージェントを利用している病院は、「お金を払ってでも、優秀な人材が欲しい!」と考えている病院が多いです。

そのため優良で尚且つ、金銭的に余裕のある病院が転職エージェントを利用しているため、転職サイトよりも優良な転職先が見つけることが可能なのです。

 

転職サイトが悪いわけでは決してありません!

実際に僕自身も併用して使用していましたし、転職先の相場を知るための材料として活躍しました。

ただし、転職サイトの場合はサイトにたくさん広告を載せるだけで、その広告を見た転職希望者から連絡が来ます。

つまり厳選された求人ばかりではなく、低コストで雇える人材を募集しているような所も混同されてしまっていると言うわけですね。

不要な選択肢が増えてしまうため、悩む原因になりかねません。

 

転職のサポートを受ける目的が、優良な条件の職場への転職や、一人での転職活動に不安を抱えているなどの場合転職エージェントを活用することをオススメします。

 

自分に合う転職担当者はどんなタイプ?

人間性格や好みの違いがあるように、転職エージェント担当者も人間なので様々なタイプの方がいます。

自分に合った担当者を見つけることでより良い転職活動に繋げていけるでしょう。

特徴を踏まえて紹介していきますので、自身にあった担当者を見つけてみて下さい。

アドバイザー型担当者の特徴
  • 業界情報や転職先の病院情報に詳しい
  • 転職の傾向や事情も把握している
カウンセラー型担当者の特徴
  • 上手く話を聞いてくれるので、話をしているうちに頭の中が整理されていく
  • 自分のしたいことが明確になっていき、多くの情報がなくても満足する転職先が見つかる
コンサルタント型担当者の特徴
  • 情報を分析した後に、希望者に合ったプランを導き出してくれる
  • 向き不向きを的確に述べてくれるため、転職先とのミスマッチが少ない

 

これらの中から、皆さんはどんなタイプの担当者が自身に合いそうですか。

ショウ
ショウ

ちなみに僕はアドバイザー型が好感触でした

転職エージェントを満足して活用できない人のほとんどが

自分の望むことと担当者のタイプが合っていないことが多いです。

 

もちろん初めから理想のタイプに出会えるかはわかりません。しかし担当者を途中で代えてもらうことは可能です。

これからの転職活動をサポートしてくれる担当者は是非自分に合う方を探してみてください。

 

まとめ

転職サイトや転職エージェントには明確な違いがあり、それぞれの特徴を十分理解したうえで利用することで、理想の転職活動を送ることができます。

どちらのサービスが個人に合っているか判断するのは難しいですが、転職エージェントを利用することで得られるメリットが多いため、このサイトでは転職エージェントを活用することをオススメしております。

 

ただし担当者が合わない場合や、実際に転職エージェントを利用したけど、担当者と合わない場合もあるでしょう。

そのリスクヘッジとして、複数サイトへの登録を推奨しています。

複数登録しておくことで、1つが合わなくても時間を無駄にすることなく次のサポートが受けられるのでオススメしています。登録は無料なので、万が一のためにも登録しておいて損はないでしょう。

 

また転職サイトと併用することで、転職に対する相場把握もでき、さらに自分自身でよい求人を探すことができます。転職サイトも無料で利用可能です。

こちらもサイトによって掲載されている求人の数や、種類に差があるので複数登録しておくことで、好条件求人を見逃すこと可能性を低くしていくことができるのでオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました