看護師の転職活動での悩み・勘違い3選

キャリアアップ

こんにちは!ショウです!

転職をしてみたいけど、一歩踏み出せず悩むことってありますよね。

悩める看護師
悩める看護師

転職活動ってむずかしそうだし、ずっと同じところで働くのがいいんじゃないかな

 

もちろん今の職場で満足されているのであれば転職する必要はありません!

ただし、踏み出せない理由によっては今よりも充実した生活を送るためのチャンスを逃していると言えるでしょう。

  

この記事では、転職に関する悩みや、実は知らなかった転職に関する勘違いについてまとめてあります。

この記事を読めば転職に対しての苦手意識や先入観を変えることができるでしょう

ぜひ、最後まで読んでいってください。

転職ってリスキー?

【同じ職場で働き続けることがリスクなことも】

看護師も一般企業と同様に終身雇用制度での採用が確立されています。

お局姉さん
お局姉さん

同じ病院で働き続けてこそ一人前でしょ!!

 

こういった意見の方は一定数いますが、果たして本当にそうでしょうか?

現在、僕たち医療従事者には新型コロナウイルスやこれから団塊の世代の方たちが後期高齢者に突入する「2025年問題」が待ち構えております。

医療従事者の需要はこれからも高まっていきますが、それに相反して看護師の人手不足問題が深刻化しています。

  • 今は若いけどずっとその病院で働き続けられる?
  • やりたいことがあるけど今の環境じゃ一向に実現できそうにないんじゃ・・・
  • 人間関係いいけどみんな仲良しこよしで残業多すぎ・・・

こんな気持ちを抱えてしまう職場で、一生仕事を続けるのってどうでしょう?

自身の心身への負担を考えると、こうした悩みを抱え続けてしまう職場で働き続ける方がリスキーと感じませんか?

 

僕の身の回りでは転職を通して金銭的にも身体、精神的にも以前よりはよくなったと言っている看護師は多く存在します。

以下の記事では転職した看護師の満足度をアンケートの集計が掲載されています。興味のある方は是非読んでみてください。

 

自分の行動一つで、今後のよりよい生活を手にできる可能性があるなら行動を起こしてみることも大切です。

ただし注意が必要なのは転職すれば今よりもよくなると思い込むことは危険です

悩める看護師
悩める看護師

理想の職場に転職できたけど、人間関係が上手くいかない・・・

 

転職後に良好な人間係の構築や、仕事でキャリアアップできるかどうかは皆さん次第です。

転職は手段にすぎません。転職後の自身の取り組みが「転職してよかった」に繋がります。

やってみると意外とスムーズ

看護師の転職は考えているよりもスムーズに進んでいくことが多いです。

書類選考→面接→採用通知 

タイミングやスケジュールにもよりますが、概ね開始から1か月以内で終了することが多いです

ショウ
ショウ

それまでに次の職場探しや書類の作成などに時間がかかるけど、始めてみるとスムーズだね

 

また転職で必要な自身のアピールするポイントも新卒採用時とは違います。

やる気の面はもちろん重要項目ですが、中途採用時の方がアピールポイントは明確なので準備が簡単です。

  • 実務経験
  • 所有資格
  • 職歴
  • 前の職場での役割
  • 看護感

自身が今まで培ってきたものや強みをアプローチしていくことが重要です。そのため面接では自身の強みを売りにできるように対策が取れればいいわけです。

中途採用では要点を上手く掴むことで、スムーズに転職活動が進んでいくことができます。

転職サイトはどこでも同じ?

【サイトはどこも同じじゃない!】

一番重要なポイントです

転職サイトや転職エージェントの使用は強く推奨します!

それは利用することでのメリットが多くあるからですね

転職サイト・転職エージェントを利用することでのメリット
  • 一般へ非公開求人情報にアクセスできる
  • 業界知識に豊富なコンサルタントが多く相談に応えてもらえる
  • 希望する職場の情報レポート事前に受け取ることが可能
  • 本人の職歴や希望に応じた案件の提案を行ってくれる

など多くの恩恵を受けられることでしょう。

 

また利用するにあたって

  • 評判のいい優良サイトへの登録
  • 相性のいい担当者を引き当てること

この2点は、メリットを生かす為に必須条件!サイトはどこも同じではありません!優良サイトのみ登録です!!

そのためには複数(少なくても2~3つ)のサイトへの登録をオススメしています!

 

評判の悪いサイトでは、毎日電話がかかってきたり、何も個人のキャリアプランや職歴を考えずに無作為に多くの求人を提示されることもあります。

ショウ
ショウ

同じサイトでも担当者によって対応が全く違うことが稀じゃないんだとか

複数登録しておくことで、相性の悪い担当者を引いた時のリスクヘッジになります。

 

こんな担当者だったらどうでしょう

  • 高圧的だな・・・
  • なんとなく苦手なんだけど・・・
  • 全然親身に考えてくれない・・・

合わない担当者はあっさり切り捨てましょう!このための複数登録です!! 

個人で転職をすることは不可能ではありませんが、勇気を出して選択した転職への道です・・・

情報がないまま、綺麗な設備や紙面上だけの福利厚生に魅力を感じ、いざ転職したら魔界のような世界だったなんてことだと笑えないですからね(笑)

 

この道のプロを無料で活用しない手はないです

どのサイトも同じではないので、上手く優良サービスと付き合って、厳選された中から吟味していくのがベストですね!

以下の記事に転職サイトや転職エージェントについて詳しくまとめてあります。興味のある方は是非読んでみてください。

転職したいけど3年は働かないとダメ?

【ダメではない!でも経験がある方が有利!!】

看護師は特に人手不足という観点から転職活動は有利なことが非常に多いです

なので経験年数に関わらず転職が可能と言えるでしょう

 

ただし新卒で入社し3ヶ月後退職して、再度転職活動となると

採用看護師
採用看護師

またすぐに辞めたりしないかな・・・?

と、こう考える採用者が少なくないのは想像できると思います。

 

“少なくとも3年”と言われているのは

  • 3年である程度病棟での業務や治療などになれてくる
  • 働いているうちに、自分のしたいことが見つかってくる
  • 病院で奨学金を借りている場合があり、返済までの期間は滞在した方がいい

こういった理由が挙げられるからですね。

 

とはいえ、自分のしたいことが既に見つかっている場合や今の環境で働くのが苦痛に感じる場合など理由があるのであれば経験年数など気にせず、即行動していくのはよいことだと思います!

 

転職は自分が目的を持って、するかしないかの世界です。

世間の意見に惑わされず、まずは「今自分がどうしたいか」を考えると自ずと答えが出てくるでしょう。

まとめ

すでに転職活動をしている方や、これから始めていく方の中でも転職に対してリスキーだと感じている人は多いと思います。

しかし、いろんな側面から現状を考えてみると、同じ職場で働き続ける方が自分の心身の健康を害してしまうようなリスクが潜んでいる場合があることもわかりました。

   

個人で転職活動を進めていくのは多少リスクが伴うと思いますが、今は優良な転職サイトもたくさん存在し、皆さんの味方になってくれるサイトを見つければもう怖いものないでしょう。

 

しかし、経験年数が浅いほど、周囲からは

お局看護師
お局看護師

半人前なのに、もう転職のことなんて考えてるの?

と言われることもあります。でもそんなことは関係ありません。

目的があって転職をするのであれば、転職するのに早いも遅いもないです。

 

以下に他の転職に関するおすすめの記事をまとめました。興味のある方は、是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました